砥石の管理

正常な砥石

加工で問題が発生した場合は砥石を見るのが一番です。砥石がどのような状態になっているかで対応が変わってきます。



目こぼれ

目こぼれ

あまり摩耗していない砥粒が欠落し、砥石にぷつぷつと穴が開いている状態です。まだ使用できるはずの砥粒が次々と欠落し、砥石ばかりが減ってしまい研削比の低下につながります。主に加工条件が速過ぎる場合やボンドが柔らかすぎる場合に起こります。


目つぶれ

目つぶれ

摩耗した砥粒が欠落せず、手で触るとつるつるしている状態です。砥粒にかかる負荷が小さすぎるため、摩耗した砥粒がボンドから離れず、削れなくなります。主に加工条件が遅すぎる場合やボンドが硬すぎる場合に起こります。


目づまり

目づまり

切り屑などが砥石に付着し削れなくなっている状態です。主に研削液の供給圧力が弱いか、研削液が汚れているときに起こります。



メニュー
材料
工具
研削液
設備
加工方法