円筒研削

円筒研削

円筒、又は円柱形状の加工物を回転させ、ストレートタイプの砥石で外周部分を削っていく加工です。高い真円度と良好な面が得られます。この加工方法で外周部分の鏡面加工も行うことができます。砥石の回転軸に対して平行な方向にずらしながら加工していくトラバース加工と、ずらさずに加工するプランジ加工があります。平面研削同様、砥石の厚さより研削面が広ければトラバース加工、狭ければプランジ加工にするのが一般的です。プランジ加工でも最終的にトラバース加工を行うことで、面粗さを向上させることもできます。



砥石の選定

大形の砥石を使用することが多いので、台金をアルミで作れるレジンボンドを使用するのが一般的ですが、鏡面加工を行う場合はビトリファイドボンドが有効なようです。また、小径の砥石の場合はメタルボンドや電着が用いられます。


メニュー
材料
工具
研削液
設備
加工方法